« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月27日 (月)

犬祭り

マンションのお祭りの一環で、「犬と触れ合おう」コーナーがあったので、参戦。

営業担当のハヤテも一緒です。まじーのエピちゃんも遊びに来て一緒に参戦。

Acimg5613 最初なんとなく集まった人たちでわーいわーいと遊んでいたのですが、そのうち「みなさん集まってください」としつけの先生が登場。

講義が長い・・・・。

「自分の家の犬と別の家の犬はまったく違うんですよ」と言う飼い主さん向けの話から、「知らない犬に触る時にはどうするか」の触れ合い講座まで。

なんだかんだで触れ合いの時間は短くなってしまいました。
しかも「ごほうび」が必要ならそう言ってくれないと・・・。何も持っていかなかったよー。

えーと。飼い主向けの話はペーパーにでもして前もって配っておけば良かったんじゃ?
当日は触る時の注意だけでよかったんじゃ?

飼い主より犬が退屈してしまいましたよ。

最後に「ごほうびをあげながら犬に触ろう」をやって、おひらきになりました。
エピちゃんがモテモテでした。
やはり小さな子には小さな犬ですね。

カケルは自ら突進。おやつくれ~!二足歩行。
そんな犬には子供は寄って来ませんよ。

解散してから、ウマ&ヤリ、まじー&エピと一緒に軽く散歩して帰りました。
ハヤテは早々にギブアップして抱っこしてくれ状態でした。
Cimg5580

←抱っこを要求するハヤテポーズ。ただのオスワリ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

それはダメ!

Acimg5563 昨日の夜からハヤテが来ています。

明日マンションのお祭りがあって、「犬と触れ合う会」があるので、人懐っこいハヤテを連れてきました。

営業担当です。

しかし今朝、ハヤテはダメな事を・・・。

ベランダでセミが死んでいたのですが、虫が苦手なフェネギーは「あさってハヤテを迎えに母が来るから片付けてもらおう」なんて目論んで、放っておいたのですね。
そしたらね、今朝ベランダに一緒に出たハヤテがいつの間にかセミを部屋に持ち帰って、ソファの上で遊んでいたのですね。

それはダメーーーッ!

セミ恐いって言ってるでしょ!どうしてそんなことするの!
ひーひー言いながら、箒で取ってゴミ箱に捨てましたよ。

あーあと一匹隅っこの方でも死んでるんだけど・・・。

渋谷に住んでいた頃は、セミも少なかったので、玄関前で死んでいたセミを管理人さんに片付けてもらったこともありましたが、今この自然豊富なマンションでは、セミの死骸は当たり前。外廊下にも階段の踊り場にもいっぱいいっぱいころがっています。

散歩に行ってもいっぱいころがっているし。
何より恐いのは死にかけのセミ。いきなり暴れるし。

夏は嫌いじゃないけれど、セミだけは何とかしてほしい今日この頃です。
Cimg5568 カケルは寝てます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

犬バカ老夫婦

床の間に寝ているハヤテを叱りもせずに「可愛い可愛い」と眺め、私が買って行ったクールボードを床の間に置いて、「ハヤテが『これはいい!』と寝ています」と葉書に書いてくるすっかり犬バカな母。

床の間って私が子供の頃は、なんだか上がってはいけない所だったような気がするんですけど・・・。

そして母は父の犬バカぶりもレポート。
「台所から(居間にいる)お父さんを見てみたら、ハヤテを膝の上に乗せて『いたずらっ子でかわいいね』となでています。」

父まで!父まで犬バカに!
ハヤテは何をいたずらしたんですか?!
いたずらしたら叱るものなんですよ。大丈夫ですか?

老夫婦がハヤテのおかげで幸せそうなのは大変結構ですが、ここまで溺愛するとは思っていませんでしたよ。

Acimg5510 一方、こちらはちっとも溺愛されずに育ったカケルです。
今日は久しぶりに河原に降りたのに、一匹の友達にも会えずにつまらなそうでした。
人がいる方をじーっと見ていたり。いや、犬連れてないよ、あの人は。
陽があたるからね。みんな木陰を散歩していて来ないのよ。

カケルもフェネも熱帯夜に負けてちょっと夏バテ気味です。
昨夜は窓開けだけで寝ようとしたら、カケルはハッハッハッと荒い息。少しでも涼しい所を探してあっちでゴロン、こっちでゴロン。
私もウトウトしては目が覚めて、ちっとも寝られず。
結局2時過ぎにクーラーをつけて寝なおしました。そしたらカケルもフェネギーも2匹してスヤスヤでした。
地球にやさしくないけど、今日もクーラーつけて寝ます。
負けている気がしてちょっとくやしいです。
早く夜だけでも涼しくなってほしい・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

写真でも

今日いくらさんに会ったら
「ハヤテが実家の子になっちゃってショック。寂しいわ」
と言うので、とりあえず写真でも。

Acimg5490_3 ちょっとバカっぽいですが、ハヤテでーす。

あとはカケルでも。Acimg5488

鞄に入っちゃったカケルでーす。

実家から家に戻ってきて1週間です。
カケルは落ち着いてます。
淋しいかどうかはわかりませんが。

母からは電話の一本もありません。
ハヤテのおかげで干渉過多だった母も落ち着いたようです。
(ハヤテがすごーく干渉されているに違いない。犬にはきっと幸せ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

正式にお譲り

ハヤテを正式に実家の子として譲ることにして、鑑札だのワクチンの証明書だのを実家に持って行きました。

「鑑札と狂犬病注射の証明書を区役所に持っていくんだよ。そうすると代わりの鑑札と犬シールくれるから」と説明。

いよいよハヤテは実家の子かぁ。
私は1年弱両親のために子育てしていたってことね。

このところ毎朝カケルとハヤテがガウガウと大騒ぎ。
遊んでるの?ケンカしてるの?
また乗っかったり乗っかられたりして勢力争いをしています。
何日か一緒にいると勢力争いを始めるようですね。この二匹は。

老夫婦にパピヨンは「向いている犬種」なんですよ。
確かにハヤテを見ていると、老夫婦向きというのが実感できます。
小さくて扱いやすいし、明るいし、人間大好きだし、仕草が可愛いし、かまってもらえない時はおとなしくお昼寝するし。

カケルを飼い始めた時は、あまりの甘噛みのすごさややんちゃさに、「こんなの老人じゃ飼えないよ!」と思ったものでしたが。同じ犬種でも違うものですね。

母もすっかりハヤテに骨抜きで、世話をするのが生きがいになっているようです。
歩いて行ける距離に動物病院も見つけたようだし、しつけの本も読んでがんばっているし。
おやつをあげすぎるのが玉に瑕だけど。

写真がない日記続きですみません~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »