« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

ハヤテ夏バテ決定

結局心配になって獣医さんに連れて行ったそうです。

Adscf3924 (こちら夏バテちょっと前のハヤテ)

血液検査もしてもらって異常なし。
母が抱っこしようとすると「きゃうん」とか鳴くのですが、獣医さんが診察しても特に痛がる様子もなし。
甘えて鳴いているだけ?わがまま鳴き?

「軽い熱中症でしょう」とのことでした。

今まで風通しのいい屋根の高い涼しい純和風な家に住んでいたのに、いきなり機密性の高い暑いマンションに引っ越してきたから調節がきかなかったんでしょうね。
ハヤテも大人になって毛もふさふさになったし。さぞ暑かろう。

家に帰ってきてもやっぱり食欲もなく水も飲まないので、心配になった母が「ちょっと見て」と夜ハヤテを連れてきました。

あの・・・・私、獣医さんじゃないんで・・・見てもわからないんですけど・・・。

環境の変化で疲れているのかもしれないから、あまり行ったり来たりして興奮させない方がいいんじゃ・・・?

フードはほんのちょっと食べ、ヨーグルトはちゃんと食べたとのことなので心配はないと思いつつも、水分は摂らせたいのでヤギミルクを水に溶かしてあげてみました。
ハヤテ・・・・「なにこれ?」と全然口をつけません。

カケルだったら初めての物をもらっても「とりあえずいただきます!パクリ!」で、嫌いだったら「やっぱいらない」と口から出す・・・・という方式なのですが、ハヤテは用心深く、初めての物にはなかなか口をつけないのです。

しつこく「はいどうぞ」と勧めてみたら、やっとちょこっとペロリ。
そして、「おいしいlovely」とわかってからは、ぺろぺろごっくん。
無事水分補給できました。

母には残りのヤギミルクを持ち帰ってもらいました。

本日「食の細い子用お試しフードセット」が届いたので、試してもらいます。
好きな味があるかな?

カケルにはまったく縁のない「食の細い子用」です。こんなに身近に正反対のタイプの犬がいるってのも不思議な気分です。
同じパピヨンなのに・・・。子供の頃はうちでカケルと一緒に育ったのに・・・。まあ子供の頃からあまり食いしん坊な子ではなかったのですが。

暑い日はエアコンをせめてドライでかけてあげてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

ハヤテ夏バテ?ストレス?

今朝母から電話が。

「ハヤテが元気がなくて夜からクーンクーン言ってて、尻尾も垂れてて、水も飲まないんだけど」と。

暑すぎてバテちゃったかな?

朝のカケルの散歩に一緒に出かけ(ハヤテは抱っこのまま。王子様ねcoldsweats01)一応獣医さんへの道順を教え、うちに寄ってもらって診察券を確認して時間などを教えましたが・・・。

フェネ宅に来たらハヤテ元気になって尻尾上がりましたよ。

でも食欲はなく、カケルと一緒にご飯をあげても食べませんでした。

う~ん。やっぱり具合悪いのかな?
単に夏だから食欲ないだけかな?

去年も夏になったら食欲なくなったので、フードを食の進まない超小型犬用(つまり、とっても小粒なうえ、おいしい!)に変えたらちゃんと食べるようになったっけ・・・。

引っ越してきて2週間。
環境の変化のためのストレスかもしれませんが・・・。

母は「元気になったから獣医さんは行かなくてもいいかしら」などと言っていましたが。
さてどうしたかな。

とりあえず、おいしいフードを注文しておこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

ハヤテ来ました

昨日、両親が引っ越してきました。
ので、ハヤテも来ました~!notes

Adscf3751引越しの間はフェネギー宅で待機。
そしてそのままハヤテはうちにお泊りしました。
両親も初めての場所で初めて寝るので、とりあえずハヤテの世話を考えずにゆっくり寝てもらおうかと。
母はぐっすり寝たそうです。(疲れていたか!)
父はいびきかいて寝ていたそうです。(いつもの通り!)

で、今日からいよいよ新居にハヤテです。

カケルは両親にお散歩に一緒に連れて行ってもらってごきげんです。
これからはフェネの帰宅が遅い日には両親にお散歩&晩御飯をお願いしようと画策しています。wink

「あっちのうちの方がいい!」とかカケルが言い出したらどうしよう・・・・。shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

床材施工済み

さて、ハヤテ邸(両親の家ですが・・・)の床の施工が終わりました。

カケル(元気になりました!happy01)を連れて試し走り!
ぐるっぐる走り回るカケルに業者さんも「これだけ走るのでしたらこの床は必要ですねぇ」と。

Adscf3587

いいんじゃな~い?でへへ。

Adscf3580

走るぜ!

Adscf3575ヤリも試し走りに来ましたよ。

カケル、嬉しくて興奮しすぎてなかなかオスワリしてくれませんでした・・・。
とりあえず、二匹並んでチーズ。

今日母が見に来たのですが、気に入ったようです。
よかったよかった。

あとはハヤテが気に入るかどうかかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

お腹が痛いよ~(T_T)

カケル、お腹こわしました。bearing

幼少の頃からお腹は弱かったのですが、今回は重症。

夜中に「きゅ~っきゅ~っ」と鳴きながらウロウロ歩き回り、最初はおしっこを何度もして、その後やわらかうんちを。
ビオフェルミンを飲ませてとりあえず「おやすみ」

また1~2時間後に「きゅ~っきゅ~っ」と歩き回り、「どうしたの?お腹痛いの?」となでるとオスワリして鳴きやんだりもしたのですが、結局また下痢うんち。

また1~2時間後に「きゅ~っきゅ~っ」と鳴いて、今度は吐いちゃいました。shock
ビオフェルミンも吐いちゃったね・・・。

そんなこんなで夜は飼い主もほとんど寝られず、朝になってフードはあげずにヤギミルクを溶かしたぬるま湯をあげてみました。

朝もほとんど水なうんちを一回。血混じり!crying
以前もあったのですが、何度も続けて下痢していると血が出てしまうんですよね。
でもまあ、これで悪いものは出きったかな?
カケルもお腹出して「撫でて~heart04」ってやっているし、落ち着いたかも?

一応医者に行った方がいいかなと思いつつも、眠さに負けて「様子見て午後行こうね」と、二匹してベッドでおやすみ~。

お昼にふやかしたドライフードをほんのちょっとあげてみました。

その後もお昼寝のカケル。
もしかして大丈夫になったかも???

淡い期待を抱きつつも夕方のお散歩へ。

うんちは一回だけだったのですが、やっぱり水っぽく、血も出ます。weep
そのまま獣医さんに行きました。hospital

「この季節はカビとかですね。汚いのを踏んじゃって、そのまま足を舐めちゃうと、細菌性の下痢をおこしたりするんですよ」と先生。

先生「いつもと臭いが違うでしょう?」
フェネ「いや~、いつも臭いんで・・・」
先生「いつもより黄色いですよね」
フェネ「いや~、いつも黄色いんで」

先生「それは・・・・子供の頃からお腹に善玉菌が少なかったってことですね。毎日ビオフェルミン飲ませてください」

ええ?!子供の頃からの持病ですか?!

確かにお腹は壊しやすい子でしたが・・・。そうだったのか!
どうりでハヤテと同じものを食べているのにうんちの色や硬さが全然違うと・・・・。
個体差かと思っていましたよ。まあ個体差だったことには間違いないけれど・・・。

ちょうどさっきしたうんちを見てもらったら、「細菌がいっぱいです。ちょっとたちの悪いのも少しいるので、抑える薬を出しますね」とのこと。
顕微鏡をのぞかせてもらいました。う~ん、いっぱいいる~。どれがたちの悪いのかはよくわからなかったけど・・・。

細菌を抑える薬と、善玉菌を応援する薬をもらいました。
夜のごはんはふやかしたドライフード(いつもの2/3)に、ビオフェルミンやお腹にいいサプリメントなどをふりかけて。
これからは毎日ごはんにビオフェルミンね。

数日前から散歩に行くと草を食べることが多かったのですが、その頃から不調だったのですね。
「やめなさい!」じゃなくてビオフェルミンあげればよかった・・・。
ごめんよ、カケル。

みなさ~ん!黄色いうんちのワンコはお腹の善玉菌が少ない証拠ですって!
心当たりのある方はビオフェルミンをあげましょう!
私は顆粒の瓶を買いました。これからは朝晩ご飯にふりかけますsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »