« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年9月16日 (日)

山中湖旅行③

2泊三日の最終日!

Dsc_0408

泊まっているペンション「ONE」のリビングには薪ストーブがあります。
薪が既に家のまわりにたくさん積んでありました。

朝露の中、ドッグランでちょっと遊んで、ゆっくり朝ごはんを食べて(これがまた正しい朝ごはん!って感じの和食な上、種類と量がたっぷりでおなかいっぱいでした。

ONEはベッドの上とお風呂以外は犬どこでもOKな宿ですが、犬中心と言うよりは人間中心です。
コーヒーもリビングで飲み放題だし、は~嬉しいですわ~。

お風呂は石のお風呂と木のお風呂の2箇所で、貸切風呂。
脱衣所まで犬を連れていけて、お風呂と脱衣所のドアが透明なので、湯気で曇りはするものの、お互いの姿を見ていられるので安心するせいか、カケルもおとなしく待っていてくれました。

さて、出発して早めに帰りま~す。

途中の富士吉田の道の駅に、ウッドチップの遊歩道がありました。

6dsc_0414

足触りがやらわか~い。
小さいながらもドッグランもあり、犬連れに嬉しい道の駅です。
湧水もくみ放題で、みんなペットボトルやタンクに入れて持って帰っていました。
私もカケルの飲み水を湧水に。
冷たくておいしいそうでした。

遊び疲れて帰りはおとなしく寝たまんま。
三連休初日の土曜の昼の上り高速は渋滞に巻き込まれることもなく、快適に帰って来れました。
運転してくれたウマさんありがとう~happy02

また行きたいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中湖旅行②

二日目!

朝からドッグラン!

Dsc_0346  ゴールデンレトリバーと追いかけっこしました。

9才とは思えない走りを見せております。

Dsc_0357 朝から遊んだね。

チェックアウトしてパノラマ台へ。

Dsc_0364 雲がかかっていて富士山は見えませんでした。

Dsc_0358 ハイキングコースをちょこっと登ってみましたよ。

途中大雨に降られたり(車の中で休憩)しつつも、雨は降ったりやんだりだったので、さほど支障はなし。(予報は晴れだったんですけどね)

Dsc_0366 山中湖畔。

Dsc_0370 秋桜と。・・・って顔がものすごく眠そうです。

犬OKのお店でランチしたりお茶したりした後、本日のお宿「カントリーハウス ONE」へ。

Dscf8333建物内が木を基調にしたいい雰囲気のペンションでした。部屋もひろ~い。
1日4組限定。ツインルームのみ。「愛犬を連れて、お酒と肴を楽しむための4部屋だけの大人のペンション」と銘打っています。

Dsc_0380
リードフックがちょっと嬉しいです。

Dsc_0373_3
ドッグランのテラス。飼い主用にコーヒーを入れてくれました。

Dsc_0392 こちらはダイニング。
運んできてくれる食事を出待ち中のカケル。
・・・って人間用しか出て来ないのよ?

とにかくこちらの宿は人間用の食事がすばらしい。
和食を懐石風に出してくれます。器も綺麗。
日本酒もおいしーgood大人の宿、納得です。

Dsc_0404お疲れ様~。

ソファのカバーがちょっと・・・はずれてすみません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

山中湖旅行①

本日はカケルを連れて、ウマ&ヤリと山中湖へ2泊3日の旅に来ています。

まずは談合坂SAにて。

1dscf8293 ドッグランでちょっと遊んだ後、飼い主はお茶中。カケルは後ろ姿しか撮らせてくれませんね・・・。

その後、忍野八海へ。

1dscf8296

湧き水の池がいっぱいです。
透明度がすごい!
カケルは既に眠そう。

Dsc_0322 沢沿いに遊歩道。

涼しくて気持ちのいい道です。
下に降りれるところでカケル喜び勇み、

Dsc_0323 どんどん入っていってしまい・・・

Dsc_0326

水の中にどっぷりつかってしまいました。
冷たくて気持ちよかったんでしょうね・・・。
でも脚がどろどろになっちゃいましたよ・・・・。

ちょっと早めでしたが、犬と泊まれるホテルwoofへ。
チェックインしてしまえば部屋には入れなくてもドッグランで遊べます。

Dsc_0338

Dsc_0342

しばらく遊んで、風が冷たくなってきた頃にチェックイン。
しばらくお部屋でゆっくり。

ディナーにはカケルたちにも犬用食事をお願いしました。

Dscf8305_2

Dscf8307_2

Dscf8311

ヤリと半分ずつにして色々な味を食べました!

おいしかったね~happy01

明日は初めて泊まる宿「ONE」に行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »