2005年5月12日 (木)

はぐれ光司

昨日の「はぐれ刑事 純情派」にマイハニー内海光司が出演しました。

光司の役はチンピラ。高利貸しの取立て屋。自分よりでかくって(体積が)自分より筋モノっぽい二人に「兄貴!」と呼ばれていました。
こんなにひょろひょろなのに兄貴なんですね!舎弟より弱そうだけど兄貴なんですね!かといってエリート若頭にも見えないけど兄貴なんですね!兄貴~っ!

一応チンピラでありながらもワルになりきれず、取り立てる相手に「うちみたいな所と係わるんじゃねえよ」と言ってみたり、他のチンピラが素人さんに因縁つけて恐喝しているのをかばって喧嘩してコテンパンにやられちゃったりと、やさしい所のある「実はいい奴」な役どころ。
出て行った彼女を7年も探しつづける純情兄貴。再会したとたんに事件に巻き込まれて容疑者になっちゃうマヌケ兄貴。犯人は彼女かと思ってかばって自白しちゃう早とちり兄貴。さだまさしの「雨やどり」をくちずさみながら目を潤ませる思い出のメロディー兄貴。ラストでは堅気になってトラックの運転手になるトラック野郎兄貴。

今回珍しかったのが、涙ぐむ光司と女を足蹴にする光司。おお、目がうるうるしている!すばらしい!彼女の尻を蹴ってる、がんばった!
ちょっとワルな役ってのは見所満載ですな。
歌がいつもどおり微妙だったのですが、彼女の台詞に「下手なんです。本当に音痴で」という物があり、「そうか!あれは演技だったのか!音痴の演技!いつもどおりに聞こえたけど演技だったのね!」と自分を納得させることができたのも、まあ面白い所でした。

しかし舞台の上では結構若く見えるけど、TV画面でアップになるとおやじくさい 年相応な感じですね。しかも笑顔よりも眉間に縦皺を寄せているのが多い役でしたしね。シリアス路線ですね。ヤクザな黒シャツやらTVで見てもやっぱり細い背中とかがナイスでした。

CIMG0008 次にTVに出るのっていつかな~?またいつかは出てくれるかな~?

シリアスはぐれカケル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

可愛い生き物

kakeru050423

叔母にもらった鉢植えの蕾が咲いたので、写真を撮って送ろうとカメラをかまえていたらカケルがやってきて、花をぱくっ!だから花を食うなって!

えーところで、カケルも可愛い生き物ですが、昨日は人間の可愛い生き物を見てきました。マイハニー内海光司です。昨日は舞台の千秋楽。もう内容はわかっているので、内海をじっくり堪能する日。

いやぁ、何というか、しみじみ可愛い生き物ですなぁ、内海光司は。ファン以外には理解してもらえない可愛さなところが難ですが・・・。

今回結構コミカルなシーンの多い役で、おばあちゃん役の中村メイコさんにつっこみを入れたり、好きになった女性とお手手つないで桜の園を見に行ったり、荷物持ちして「送ってきま~す」と裏声で可愛く言ってみたり、妹にいばりんぼな兄貴だったり。内海光司の可愛さを堪能するにはとっても良い舞台でした。

そして長男らしく決める所はビシッと決めて見せ場もあり、最後は前向きに現実的な夢を語り、おばあちゃん孝行で、親孝行で、妹思いのいい役でした。

ちょっと・・・途中眠くなっちゃったけどね・・・。

そうそう、内海ファンに異変が起きているのですよ。なんだか増えているのですよ、ファン人口が。楽日だったのでカーテンコール後にアンコールがあったのですが、その時「光司~っ!」とか「きゃーっ!」とか歓声があがったのですよ。なんじゃこりゃ。どうしちゃったんだ?たまたま楽日が日曜日だったから今まで来なかった人が来たのか?光GENJI解散10周年記念に昔とった杵柄なファンたちが返り咲いたのか?しかもなんだか新しいノリだぞ。だって、内海光司、絶対ファンの方なんか見ないのに、客席で一生懸命きゃーきゃー手を振ってアピールしてる人がいたり(余計見ないって)、「光司くーん」じゃなくて「光司~!」だし(だいたい名前呼ぶ人なんてここ何年もいませんでしたよ。おじさんがたまに「うちうみ!」とか「うつみ!」とか声かけてくれたけど)。話によると出待ちも増えてるんですって。しかも今まで来たことない様子の人が増えてて、出待ちの仕方も違うんですって。共演者の方たちに挨拶しないんですってよ、奥さん!ジャニーズ系の出待ち自体が初めてって感じ?

いったい何が起きたのでしょう。世の中の人々がやっと内海光司の可愛さに気がついたのでしょうか?ああやっと、みんなの目に内海フィルターが装着されたのですね。今度「はぐれ刑事」にゲスト出演するっていうし(テレビも何年ぶり?!)、お茶の間に内海ファンが激増しちゃいますね。これから舞台のチケットが取りにくくなっちゃったらどうしましょ。きゃっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

尻尾付き光司

マイハニー内海光司が三越劇場の「喜劇 桜の園 ~狸は嫁か姑か~」に出演しています。今年に入っての初めての内海光司。初日を観た人の感想では、「ジャージを着こなしているわよ」「結構出番多くていいよ」「皮パンツ!!!!」ということだったので、それなりに期待していました。

そして昨日ドキドキの初見。今回、内海光司について特筆すべきは、第一に裸足!きゃーっ光司の裸足よー!目に焼きつけなくちゃー!第二に「ピカピカスターコース」に受かったことを母に告げる時のにこやかな顔と、気取って足を組みかえる様!足長~い!かっこいいー!第三に襲名した時の羽織袴!黒の正装がお似合いよー!しかしなんと言うか、この人、37才なのに大学生役がしっくりくる。映像は無理でも舞台なら大学生で問題なし!なんだか若いなぁ。20代後半でどっとトシをとってから、その後老けることをやめたのね。

だが・・・内海ファンが一番期待に胸ふくらませていた「皮パンツ」は・・・・。確かに合皮っぽいテロテロながらも黒の皮パンツだけど・・・上がトレーナーで、しかも裾をパンツの中に入れちゃうってのはどうよ?君はえなりかずき?最初のジャージ姿やジーンズ姿がかっこよかっただけに、がっかり。

肝心の演劇の内容は・・・・。いや、多くは語るまい。「どうして狸なの?狸である必要性は?」とか「シリアスなの?コメディなの?」とか「すっげー展開が唐突なんですけどー」とか「官憲に対する批評がオーバーすぎて耳障り」とか、いや、言うまい。どうもチェーホフを意識しすぎてああなってしまったみたいですね。どうせ狸にするならいっそのこと耳と尻尾を付けてくれれば「光司に耳よ!尻尾よ!」と耳萌え尻尾萌えができてよかったのに・・・。耳や尻尾は坂口良子や田村亮には無理というものか・・・。中村メイコならやってくれそうだけど。

もう一回、千秋楽に見に行く予定なので、脳内で尻尾付き光司を描けるように練習します

| | コメント (0) | トラックバック (0)