2006年6月24日 (土)

ブルーベルも咲いた

Pict0002 嬉しいだす!

今年も咲いたオーストラリアンブルーベルだす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

クランベリーの花

去年実が付いた状態で買ってきたクランベリーに花が咲きました。
Pict0031

実を付けるための肥料もあげていないので、今年は実は無理かな~。
クランベリー酒なんて夢のまた夢ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

今のベランダ

Pict0041 これはちょっと前、先月の写真ですが。
カケルとチューリップ。
チューリップは4種類くらい球根を買って植えたのですが、咲いたのはこの赤紫のチューリップだけでした。
植えた直後カケルに掘り起こされたり、日当たりがイマイチだったり、逆境を乗り越えての開花です。

で、GW中に新しく買ってきて咲いているのは以下。

Pict0052 去年から欲しかったのになぜか買わなかったエニシダ。今年は小さいのを買いました。Pict0001

ミニバラ2種類。ほんのり杏色と白。無事育つでしょうか。

Pict0060で、あこがれのコデマリ。「木」って感じの物は これが初めて。

花が咲いていて蕾もついているのを買ってきたので、今年は綺麗ですが、さて来年はどうかな?無事咲くかな?

で、去年からあって、今年も咲いたものたち。
Pict0026 Pict0030 Pict0032

君たち、ありがとう。

あとミニバラが蕾を付けています。咲くかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

薔薇は薔薇は

秋にも咲くのですね~。

CIMG0285 先日神代植物園に行ったら「バラ祭り」でした。で、またミニバラを買ってきました。
そしたらつられたように初夏から時々咲いていた紫のバラが久しぶりに蕾をつけました。

おかげさまで今ベランダはバラです。
今ちょうど蔓バラだけは咲いていませんが。CIMG0297

そしてカケルはまたオーストラリアンブルーベルと羽衣ジャスミンを掘り返しました。いつもは一番端を狙うのに、今回は端から2番目の株でした。
心境の変化?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

ジャングル計画

夏だからジャングルに行きたいよなーってな訳ではなく、ベランダジャングル計画。

火の手の女の通り名に恥じず、今日も植物が枯れていく・・・。
綺麗に咲いてくれたゴールドラッシュはお亡くなりになりました。
育てやすいと思ったノースポールもお亡くなりになりました。
実家から母が持ってきたオレンジ色の花もお亡くなりになりました。
ブルーデージーも今にも死にそう・・・。

そうかと思えば、「もうきっとダメね」と思ったペーパーカスケードは、瀕死の状態の時に短く刈り込んで、今復活して葉がもさもさ茂っています。
「もう花は終わったわね」と隅っこに追いやっていた、初めて買った白と紫の花もまた花を咲かせています。
紫蘇は「こんなに食べられません」と言うくらい生い茂っています

そして意外に強いのが薔薇たち。
紫の薔薇は一通り花が終わってから、また芽が出てふくらんで花が咲きました。色はなんだか紫じゃなくなって、赤い縁取りの赤ピンクの花になってしまいましたが。数は少ないけれど次々咲いてほとんど途絶えません。今朝も1輪咲いてました。
ミニ薔薇も、終わったかと思ったらまたいっぱい蕾を付けて、今花盛りです。最初の花盛りより多いくらい。
このまま元気に夏を越して、また来年咲いてくれるといいなぁ。

そして枯れる者と生き残る者は、育てやすいと言われているかどうかが問題なのではなく、私のベランダと世話の仕方とその花との相性がいいかどうかで決まるのじゃ!という結論に達しました。
つまり、とにかく気に入ったヤツは買ってみる!過酷なマイベランダで生き残った者は私のジャングルの仲間入り!

とりあえず前々からの計画であった、ツル系の植物をうねうね這わせて緑でいっぱいのベランダに見えるようにしようと、先日新しい植物達を買いました。

PICT0032 エントリーナンバー1:オーストラリアンブルーベル(今までの植物の中で一番高~い!三千円弱)

PICT0035 エントリーナンバー2:蔓薔薇(薔薇と私は今のところ相性いいし、期待大)

PICT0037 エントリーナンバー3:羽衣ジャスミン(これはウマにもらった)

さて、どれが生き残るでしょうか?!全部生き残ってほしいけど!
今のところ上に上にひょろひょろ伸びて自らフェンスに絡んでいっているのは羽衣ジャスミンです。
オーストラリアンブルーベルは値段が高かっただけあって、植え替えてみたら4株もあったので横に広がり陣地は一番広いです。
蔓薔薇はカケルの攻撃を受けて、花を散らしています!トゲのある木にわざわざ闘いを挑むカケルの真意は?!

今後の攻勢が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

紫の薔薇

「ありがとう紫のバラの人。」
って言っても通じないなんてー!

先日江戸川の「花の祭典」に行きました。
すっごい砂埃の中、小松菜入りタコヤキを食べ、小松菜入りアイスを買いました。江戸川区は小松菜が名物なのです。そういえば夏には小松菜ビールと小松菜焼酎を飲みました。お酒は青くさい香りがしましたっけ。今回のタコヤキは生焼けで、アイスは筋っぽかったので、なんとなく「小松菜なんとか」はイマイチ感が拭えません。区役所も他の22区に背を向けて、独自の電子申請や独自の電子入札で突っ走って私の仕事を増やしてくれているし、江戸川区って、えーとえーと、個性的?

が・・・がんばれ、江戸川区。今度小松菜饅頭買うよ!

ところで、花の祭典で私はいくつかの花をゲット。初心者にも育てやすそうでかわいい「ブルーデージー」と「ノースポール」と、そして紫の薔薇!
PICT0008 「紫の薔薇よー!紫の薔薇の人ー!」
と言いながら喜んで同行のつっちーに見せたら「えーと、ああ、マンガの・・・?」

知らんのかーーーーっ!!!!

帰って園芸師匠のウマに報告。
「紫のバラ?ああ、『ガラスの仮面』だっけ?私読んでないからわからないよ」

みんな!名作読もうよ!淋しいじゃないか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

ゴールドラッシュ

今日のオレのおしゃれの決め手はこれだぜ!ミミズにぐぃぃ~!

一瞬でやめさせましたので(そんなに)汚くないはずです。みなさん、カケルが擦り寄って行っても避けないでください。

ところで、先日神社の境内で植木やら花やらを売っていたので、綺麗な黄色い花を150円で買いました。なんとかかんとかゴールドラッシュ。蕾もまだあったのでこれからもっと咲くぞと期待してベランダへ。

翌朝、なんだかもう花が変。花びらが外巻きに巻いててちっともピンとしません。もう終わり?花が終わったら短く刈り込んじゃえばまた新芽が出てくるってお店の人が言ってたけど、もう切るべき?悩みながらももう少し枯れた感じになるまで様子を見ようと放っておきました。

結果は・・・放っておいて良かったぁ~!

gold この花、寝ぼすけ花なのですね。朝と夜は「もう今日はいいわね、おやすみなさい」って花 びら巻いちゃうの。休みの日の昼間に見たら見事に綺麗に咲いていました。キラキラ輝く感じでまさしくゴールドラッシュ。なんて綺麗な花じゃ。これが150円とは信じられん。黄金ザクザクって感じじゃ。ほーほっほっほっほ。

しかし・・・昼間に家にいないとこの花を拝めないとは・・・。果たして私にとって意味のある花なんだろうか。次に私が家にいそうなのは土曜日か日曜日。それまで咲いててくれよ・・・ゴールドラッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

火の手の女

人には「緑の手」を持つ人と、「火の手」を持つ人の2種類があるのだそうです。「緑の手」の人は植物を育てるのが上手で、「火の手」の人は枯らすのが上手・・・・。

そう、私は火の手の女

  • 「育てやすいよ、料理に使ってね」と言われてもらったローズマリーは干からびた。
  • 友達に旅行中の面倒を頼まれた鉢植えは水をやりすぎて根腐れた。
  • 好きな役者さんからもらったガーベラを飾っておいたら青虫が出てきた。(これは違うか)

そんな訳で、私に植物栽培は無理と信じ、今流行のガーデニングなど一切関わりのない事と思っていました。それなのに今、私のベランダは花盛り。050403-01

これはペーパーカスケードというお花。これの他にあと白い花の鉢と青い花の鉢がひとつずつあります。(撮影はまたしてもウマ)

そもそも1ヶ月前に引っ越してきたとき、ベランダにちょうどカケルが落ちそうな隙間があるのを見て、転落防止用にラティスを並べたのが始まりでした。植物、一個もないのに、外から見るとすっごくガーデニングしている人のベランダみたい・・・。うそつきベランダ?せ・・・せっかくだからホームセンターで安い鉢買ってきて置いてみようかな。どうせ私だから枯らすけど・・・。

そして買って来た花の鉢。ペーパーカスケードは蕾だったのですが、毎日お水をあげていたら咲きました!ほらこんなに!すごーい!私火の手なのに!えらい!ぺーぱーかすけーど!

今ちょっと幸せ気分なので、これからも火の手にめげずに咲いてくれる花を少しずつ増やしていきたいと思っています。

こらっ!カケル!花食うな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)